スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャーム付け替えによる開幕ブースト

以前は、使用で特殊効果の発動するAoMのチャームは、アイテムごとにリキャストタイマーが個別に設定されていたため、開幕に「付け替え>使用>付け替え>使用・・・」マクロを連打することで多数の効果を同時に発動させることができ、開幕に凄まじいブーストをかけることができました。
ですが、現在はチャームスロットごとにリキャストタイマーが共有されているため、それが不可能になっています。
但しこれには一部抜け道がありまして、装備して使用することにより恒常的なパッシブ型の装備効果を発動するチャームに関しては、マクロで瞬時に脱着を行えばパッシブ・エフェクトを切らさずに別チャームの効果を発動させることができます。

例えばこんな感じのマクロですね。
チャーム(1)

チャーム(2)

どちらも「ウォーリング・プロテクター」あるいは「ヴィガー」の効果を維持しつつ、女司祭の呪印の使用効果である「グロウイング・パワー」を発動させることが可能です。

となると、チャームの装備状況によっては、開幕に最大2個のチャームを付け替え使用してブーストをかけることが可能なわけです。
Wizardの場合、ブーストアイテムとして何を選択すればよいのでしょうか?

【開幕ブースト候補】
①http://u.eq2wire.com/item/index/2908556708
 \aITEM -1386410588 1123405120:Sigil of the High Priestess\/a
 女司祭の呪印
 ファントム・シーの商人から購入可能。

②http://u.eq2wire.com/item/index/246416668
 \aITEM 246416668 -1130031542:Swirling Arachnid Orb\/a
 渦巻くアラクニドのオーブ
 神殿レイドのYermonsからドロップ。けっこうレア。

③http://u.eq2wire.com/item/index/906228555
 \aITEM 906228555 -1736578740:Spiteful Archaic Idol\/a
 底意地悪い古代像
 ザビスロアレイドの3匹目からドロップ。
 ラム酒レイドのKildiunが上位を落とすけど、かなりレアなので考慮から除外。

④http://u.eq2wire.com/item/index/4044884575
 \aITEM -250082721 -1220639117:Crystal of Akhevan Diversity\/a
 アケヴァの多様性のクリスタル
 ファントム・シーの商人から購入可能。

入手が容易なもので有効そうなのはこんなとこですかね。
一つ一つ検証していきましょう。

【検証】
<①女司祭の呪印> 
基本値:pote135%↑ AA効果により135*1.08=145.8%↑
漸増部分:pote3.1%↑/2sec.が19回 AA効果により(3.1*1.08)*19=63.6%↑
平均値:145.8+(63.6/2)=177.6%↑

併せてAA効果によりCBアップ
基本値:135/12=11.3%↑
漸増部分:(3.1*19)/12=4.9%↑
平均値:11.3+(4.9/2)=13.75%↑

クリポテ合計で 177.6+13.75=191.35%↑ が40sec.持続

<②渦巻くアラクニドのオーブ> ※未所持なのであくまで計算上の数値となります。
基本値:CB125%↑ AA効果により135*1.08=135%↑
漸増部分:CB2.8%↑/2sec.が19回 AA効果により(2.8*1.08)*19=57.5%↑
平均値:135+(57.5/2)=163.75%↑

CB163.75%↑ が40sec.持続

<③底意地悪い古代像>
pote150%↑ AA効果により150*1.08=162%↑
CB150%↑ AA効果により150*1.0=162%↑ さらにAA効果により150/12=12.5%↑ 合計162+12.5=174.5%↑

クリポテ合計で 162+174.5=336.5%↑ が20sec.持続
但し、レイド内に同時に「サルヴォ」を発動させているメンバー1人につき、クリポテがさらに各3.8%↑ ※おそらくAA効果が乗るので、上昇率はこれ以上

<④アケヴァの多様性のクリスタル>
ダブルキャスト発生率6%↑ が60sec.持続
副作用で攻撃スペルの属性が全て打撃に。(Fire ShapeかIce Shapeでさらに属性変換可能?)

【結果としてどれが良いのか】
けっこう難しい判断です。

私の場合、開幕ブーストはカウントの5sec.前くらいからかけ始めることが多いです。
さらに戦闘開始後は 
World Ablaze>Sanguine Sacrifice>Surge of Ro>Frigid Gift
と下準備をこしらえ、
その後Ice Spearsでデバフを入れてHail StormやStorming TempestあたりのDoTにて徐々に出力を上げていき、
そのあたりでAmuleeさんの「Time Warp>Temporal Mimicry」コンボが入るので、
それと同時にSpellbind>Fiery Blastをぶっこんで大砲をばらまく、というのが基本パターンとなっています。
(複数戦はまた別オーダー)

つまり何が言いたいかというと、肝心のダメージスペルを入れ始めた時には、開幕ブーストから既に10sec.近く経過していることが多いんですね。
となると、ブースト効果が意味をなすのは、ブースト発動から10sec.以上経過した後というわけでして、その点からすると持続が20sec.しかない③は非常に使い勝手が悪いと感じます。
大体、FusionやE'Ciあたりの大砲が当たった段階で効果が切れるというのが定番パターン。
まあ、それでもFiery Blast中の大砲に効果が乗っているだけましなわけですが、だとしてもやはり効果時間の半分以上が無駄になってしまうこいつは個人的には今一つ。

但し、装備して戦闘中にも使い続ける場合はぶっちぎりでトップの性能です。

さて、となると残りは①②④の中から2つ選ぶことになるわけですが、まず①と②では明らかに①が優れているので①は確定。
残りは②か④。
先ほど述べたことを前提にして、実質的な効果時間は最長で-10sec.として計算してみましょう。

②:163.75*(40-10)=4912.5 のべでCBが4912.5%↑
④:6*(60-10)=300 のべでDCが300%↑

4912.5/300=16.375
つまり超ざっくばらんに言うと、DC1%とCB16.375%のどちらを取るかって感じなんでしょうかね?
だとすればどう考えてもCB16.375%。
よって、私的には②>④ですね。
あと④は、ダメージスペルの属性が打撃になってしまうのもSo bad。

ちなみに③に関しても同じように計算してみましょう。
③:336.5*(20-10)=3365 のべでクリポテ合計が3365%↑
但し、効果が乗るタイミングが全てFiery Blast持続中であること・レイド内のサルヴォ相乗効果でさらなる上昇が期待できることから、実際ののべ値はもうちょい高めではあるでしょうね。
でも具体的にどうなのかなんて僕の頭では計算できないのでやりませんw

少なくとものべ値4912.5%の②には劣ると思われます。
では④との比較だとどうだろう?
うーん・・・難しいところですね。
ダメージスペルの打撃属性化をFire Shapeで上書きできる(炎熱属性に変換できる)ならば④も良さそうですが・・・。
まあ、レイド下ならばどの属性のデバフも程良く入るので、特に属性にこだわることもないかもしれません。
とりあえず安定志向の私は④に惹かれますかね。まあ、このへんになるとあとは個人の趣味レベルです、きっと・・・。

以上から、使用の優先順位は ①>②>③=④ ってな感じ。
ちなみに②は未だ実取得なので、現状は①と③を絶賛使用中であります。
2000フェリン払ってまでして、③の代わりに④をゲットする余裕はありません・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

Ladyrosenwood

Author:Ladyrosenwood
Class: Wizard
Server: Sebilis(JP)
Guild: Osanpo
Favorite Music: http://ladyrosendead.blog.fc2.com/

カテゴリ
最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。